FC2ブログ

Entries

人との出会い…とは

本当に不思議なものだなぁ~と思う。 昨日じゅんさんに電話した、「私ねじゅんさんのことブログに書こうと思ったら、何も知らないことに気がついた…。」じゅんさん曰く「教えない…、その方がうまく行くんだって…。」 じゅんさんとは劇団で受付など色々と面倒を見てもらっている女史である。2000年8月の初演「月が消えた夜に」の公演の時、えんげきのページと言うサイトで募集案内をだした時、じゅんさんと久田さんが受付のお手伝いに来てくれた。今では二人とも劇団にはなくてはならない人になっている。久田さんはその驚くべき観劇量で、「HIRAME'S ROOM THIRD」とブログを書き、時々おじゃましては「久田さん頑張っているな、ふむふむ…」と元気をもらっている。じゅんさんとは月に3、4回電話をし合って、芝居の事や劇団の相談にのってもらっている。 本当にじゅんさんの言うとおりかもしれない…、 型や枠にはめ込んで人を見ることは簡単なこと…。 肩書きなど私には必要ない、素直に清々しく人に接したい? 「袖振りあうも多生の縁」…、その言葉を胸に16日(日)の劇団のオーディションに臨もうと思う。?
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

成行ミチ子

Author:成行ミチ子
小説『長崎ぶらぶら節』の丸山芸者「愛八」の気っ風、生き様が好きでこのブログの名です。
劇団『13号地』の制作、役者、メイドのバイトと忙しく過ごすナリの日々。

最新記事

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

日本ブログ村

ファイブスタイル

blogramへ

blogram投票ボタン

ぼく

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

楽天

右サイドメニュー